FC2ブログ

あれから8年

こんにちは。職員の I です。

唐突ですが、東日本大震災から8年が過ぎました。

園の子どもたちと過ごした8年間。

そのなかで幾度の出会いと旅立ちがあったことを思うと、決して短い時間ではなく、小さいながらも歴史を紡ぐ時間ではあったのかなと思います。

私事ですが、私の入職した年が平成23年の4月。まさに大震災の直後でした。

4月に正式に入職するのに先立ち、3月から研修を行ったのですが、初研修から二日後に震災の日を迎えます。

被災後は毎日、園にお邪魔し、当時いた子どもたちや先輩職員と川の水汲みをしたことを今でも思い出します。

あれから8年。

少しは成長した自分が、今ならどう動くか、どう他者を守るか、忘れないように日々振り返りながら子どもたちと向き合っていきたいと思います。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、3月11日の震災の日に先立ちまして、3月10日に子どもセンターの職員や子どもたちで避難訓練を行いました。

毎年3月の避難訓練は市内にあります高萩高校まで皆で歩いて行く避難訓練です。

昨年はインフルエンザが猛威を振るい、参加人数が少なかったのですが、今年は子どもセンター内の子どもも大人も皆で参加することができました。避難する時間は昨年よりも10分程掛かってしまいましたが、毎年毎年行う事で非常時にどのように避難すれば良いのか身に付くと思います。

これからもあの日を忘れず、子どもたちの安全安心に繋がる取り組みになるよう努力したいと思います。

20190310001.jpg

20190310002.png
スポンサーサイト